55歳女性|今さら結婚なんてしたくないが、一番にあるのは老後の不安

ずっと恋人もいない。寂しいと思うことはあっても恋人は欲しいと思わない

55歳の女性、専門学校の管理職をしています。ここ20年くらい恋人はいません。少し寂しいなと思うことは合っても、この間、恋人が欲しいと思ったこともありません。

35歳くらいになる前は、親から結婚しろと言われ続け、実際に、お見合いも何度かしてみましたが、どうも気が進みませんでした。贅沢な悩みなのかもしれませんけど、好きでもない人と無理に結婚する必要あるの?と思っていました。

その理由として、友人の多くは専門職業人で、それなりの給料がもらえる仕事についており、独身でいる人も多かったということもあります。

加えて、結婚した友人のなかにも離婚をした、という人も結構いて、その時かなり大変だったことを聞いていても、結婚したいなんていうことを考える気持ちになりませんでした。

気ままな生活ができる!今さら人に合わせる生活はしたくない

また、独身でいることには多くのメリットがありました。もっとも大きなメリットは一人気ままな生活が楽しめる、ということです。就職して以降30年以上、一時期、大学に通うために居候をしていた甥っ子と暮らした数年間を除き、ずっと一人暮らしをしています。

そうなると、家に帰って、寝るまでの間、そして、朝起きて仕事に出掛けるまでの間、だれにも遠慮したり気を遣ったりすることがなく、一人気ままに過ごせるわけです。疲れていて、だらしなくソファーで着の身着のまま寝てしまってもそれも自由ですし、いつお風呂に入っても、それも自由。ようは誰に気兼ねなく気ままな生活を送れるわけです。

いまさら、他人と合わせて生活をするなんて、まっぴらです。甥っ子がいたときには、大変ストレスでした。ですので、これから先、仮にもし、好きな人ができたとしても、というか、それはもうないと思っていますが、それでも、もしもそういったことがあったとしても、一緒に暮らすなんていうことは考えられません。

加えて、年を取ってからの結婚では、相手に仮に子どもがいたとしたら、いろいろとややこしい紛争が起こる、という危惧もありますから、まっぴらごめんですね。

独身の不安は老後|妹がいるので支えあっていこうと思っています

独身でいる場合のデメリットとしては、一番は老後の不安でしょうか。すぐ近くに、とても親しくしている妹がおり、妹も独身で一人暮らしを楽しんでいるのですが、その妹と将来は二人で支え合っていきていく、ということを考えてはいます。

ですが、そうはいっても、どちらかが身体的な障害を負ったり、認知症になったりしたとき、どうするか、ということが不安です。幸い、職業的には収入も保証されており、継続雇用で65歳までは働くこともできますし、自分のマンションを持っていますので、そういった面では不安はありません。

ですが、そういった介護の必要な状態になったり、病気になったり、妹が先に旅立ってしまったりした場合、自分はどうなるんだろう、という不安がずっとあります。でも、そのようなデメリットを考えても、やっぱり今さら結婚なんてしたくない、というのが私の気持ちです。実際結婚したとしても、夫に先立たれたら~とか不安になるかもしれませんし、結婚すれば安心とはとても思えません。強がってるわけではないです。