52歳男性|結婚はもう諦めました!人間関係で面倒がないから楽です!

人間関係が面倒なら独身でいる方が気楽で良い!親戚付き合いとかは疲れそう

私は今年52歳になる、独身男性です。職業は、不動産管理業やクラウドソーシングなどの在宅でできる仕事をしています。残念ながら現在は恋人はいません。

ズバリ、独身でいる一番のメリットは、私的な人間関係において面倒なことが少ないことだと思っています。仮に結婚した場合、親戚づきあいが大変だと思います。あっちに気を遣いこっちに気を遣い、ただでさえ仕事で疲れているのに、休日に親戚同士で行動することになれば、疲れがたまって仕方ありません。

結婚相手と何かトラブルになればその家族に連絡が行き、小言の一つや二つ言われてしまいます。気が休まる場所がありません。特に、親密な人間関係がうっとうしい人には深刻です。もちろん、家族や親戚とあまり会わないような人もいるでしょうが、自分の家族や親戚と仲良くできない人が自分と仲良くできるとも思えません。

自分の行動を自由に決められるし、お金を好きなようにできる

その他に、経済的にも大きなメリットがあります。なぜなら、働いたお金を好きなように使えるからです。生活費と今後の蓄えをうまく調整できれば、後は自由になります。使うも残すの自分次第ですし、無駄遣いも自己責任です。

欲しい衣類や趣味の道具、食べたいものを自分の意思で購入することができるのです。また、親戚づきあいが少ないので、余計な出費が減ることも大きな利点といえるでしょう。冠婚葬祭やお年玉などもバカになりません。親戚でなくても奥さんになる人の友人関係との付き合いだって出費はあります。

自分の行動を自由に決めることができるのも、大きな利点です。私的なことであれば、よほどのことがない限り、いやなことから逃げることができます。また、自分の信念を曲げてまで、家族に付き合う必要もありません。すべて、自分のペースで物事を運ぶことができるのです。マイペースの人には、この利点はかなり大きいのではないでしょうか。

結婚すれば家事の負担は減るが、人に縛られるのが嫌いなので結婚は・・・

ただし、独身でいることのデメリットも多々あります。その代表が、家事の負担です。最近はデフレが続いて仕事だけで手一杯になることが増えています。仕事が終われば、疲れて家事をする気力もわいてきません。その点、結婚すれば家事の負担はなくなりますし、食事代も節約できます。

何かあったときは、手分けしてできるので、精神的な負担が減って安心感がわいてくるはずです。結婚の一番のメリットは生活が安定することだといえます。ただ、家事をやってくれる代わりに養うと考えたら割高に感じてしまいます。かと言って家事もやって稼ぐことまで期待するのも男として違うと思う。

過去に、つきあっていた女性と結婚を考えたことがあります。しかしながら、私は人に縛られるのが苦手なので、いざ結婚となるとどうしても気が引けてしまうのです。結婚すれば世間に対して体裁が良いし生活も楽になるとは思いましたが、それ以上に自分本位の生活から離れられませんでした。そして、結婚願望も薄れていったのです。

以前は、結婚願望を持っていましたが、自分の性格のことを考えると結婚は諦める他ありませんでした。今後、何かの機会で結婚したくなるかもしれませんが、今の時点では結婚生活は想像できないのが現状です。年齢的に子供はもうと思っているのもあるでしょうね。