サービス業は不定休だから婚活に不利!?土日休みじゃないと厳しい?

サービス業は不定休が当たり前!お客さんとの出会いなんてないし・・・

現在は40代に突入した専業主婦です。婚活をしていた当時の職業は販売業でした。婚活しようと思ったきっかけは、販売業には一切出会いがなかったからです。

普通の土日休みの人にはわからないかもしれませんが、販売業は休みが不定休で、働く時間がまちまちなので、なかなか一般の職業の人と予定が合わないのが大きな要因でした。

また職場の8割は女性で、数少ない男性を狙うには競争率がとても高かったのです。「お店のお客さんとの出会いはないの?」というふうによく聞かれましたが、恋仲に発展するような甘い出会いはほとんど皆無でした。

同じくサービス業で婚活に励んでいる友達がいて、その友人のアドバイスを色々受け入れながら婚活活動を行っていました。友人が登録している結婚相談所の婚活パーティーに便乗して参加させてもらったこともあります。その中でも苦い経験をいくつかしました。

パーティーも土日、みんなで遊びにいくのも当たり前のように土日

たいていそのようなパーティーは、土日に行われることが多いです。まずその時点からして休みを合わせることに苦労しました。いざ参加してみて相手の男性といい感じになっても、次のデートの約束や、「みんなでどこかに行こうよ!」というような約束も、当たり前のようにほとんどが土日でした。

私たち販売業にとって、土日祝日は売り時なので、そうそう休みを入れるわけにはいきません。また飲みのお誘いも金曜日の夜いただくことが多く、次の日のことを考えると躊躇してしまうことが多かったです。

「こっちの職業を言ってるんだから、ちょっとくらい気を使ってくれてもいいのに・・・」と腹立たしく思ってしまうことも度々ありました。

婚活パーティーには本当に様々な人たちが参加していました。「今すぐ結婚したい」とか「ずっとパートナーができなくて困っている」というような悲壮感あふれる人たちばかりではないことには驚きでした。合コンに参加するようなラフな気持ちで婚活サイトに登録している人も多く、時代は変わったのだなと感じました。

少し変わった事情がある人は婚活サイトなどの方が効率的かも?

ただ私が感じたことは、いろんな人がランダムに集まる婚活パーティーよりも、「婚活サイト」や「恋活アプリ」などで、ある程度最初から条件を絞れる婚活の方が効率的だなということです。

私のようにデートしたい曜日がまちまちの人は特にそうかもしれません。最初から「平日休みで一緒に遊びに行ける人」などといった条件をプロフィールに書いておいた方が、お互いにとってストレスが少ないと思います。休みで出会いに苦労しているぶん、共感できることも多いのではないかと思います。

現在私の旦那さんである人もシフト制で働いている職業の人です。やはり同じような生活スタイルの人の方が、相手の気持ちや状況を察っすることができるので、結婚後もお互い理解ある生活を送っていけるのだと思います。 土日休みの人たちが悪いとは言いませんが、土日休みの人が多いがゆえに接客業は土日が忙しいということを理解して欲しいです。