専業主婦になりたくて経済力重視で婚活!途中で性格重視に路線変更

周りにいる人達の結婚と子供が欲しいので焦る気持ちがでてきた

私は40歳女性で、事務職をしています。現在は、婚活で知り合った主人と結婚しています。婚活をしようと思ったのは、子供が欲しいと思ったことがきっかけでした。同級生や周りの人たちが、どんどん結婚をして行く姿を見ていたのです。

結婚については、そんなに思っていませんでしたが子供好きなので、自分の子供が欲しいと思って結婚を意識するようになったのです。婚活を始めたのは、30歳の時でした。その時に、子供を3人ぐらい欲しいなと思ったので、その段階から開始しないと間に合わないと焦る気持ちを持つことになったのです。

利用したのは、ほとんど婚活パーティです。気軽に参加出来るし、その時にその人のことを知ることが出来るので、一番早いと思っていました。

自分の希望を叶えたいので、経済力を重視でお相手探しをしていたが…

そこで、婚活をする時に思っていた事としてやっぱり自分の希望をできるだけ叶えたいと思ったのです。それはなんといっても、経済力がある人です。そのような人だったら、自分が専業主婦でいることができるからです。

その時に少し仕事にも疲れているところがあったので、そんな気持ちが強くありました。そのことは、多くの女性が望んでいることではないでしょうか。そのため、私もできれば経済力のある人がいいと思ったのです。

婚活パーティでは、いろいろな人に会うことができます。もちろん私が望んでいた年収がいい人もたくさんいました。ところが、話をしてみると楽しいと思うことができなかったのです。

その時、やっぱりそんなん条件を先に見てしまうところがダメだったんでしょうね。その後も、何人もいいなと思う人がいましたが、年収のことが気になりお付き合いをするところまで行きませんでした。

反省してわかったこと|一緒にいた楽しい人助けある人が良いと思った

その後は、自分のことを高く見ていたことについて、とても反省をするようになります。そして婚活後に結婚となると、やっぱり話をして楽しい人、一緒に生活を助け合いながら出来る人と思うようになったのです。

そのような気持ちになってからは、どんどんとお付き合いをしたい人がいるようになりました。そのような自分になれたのは、とても良かったと思っています。お付き合いをして、それからは嫌と思うことはありませんでした。会話もはずみ、この人なら自分が助け合って暮らすことができると思える人も見つけることができたのです。

婚活は、結婚を前提として付き合うことが多いです。そのことから、楽しい家庭を築くことが出来る、一緒にいて安心できる、そんな人が一番いいのではないかと思っています。